「果実は鈍色」

「果実は鈍色」

 

 

誰が始めたの

こんなに悲しいお芝居を

 

わたしは誰で、あなたは?

黄昏という名の鏡界

艶やかな黒に覆われた果実

今日に明日があるように

罪には終わらない罰が

 

齧ってはだめ

もう戻れないの、プロセルピナ

きもちい あいと クるいましょう

厭だ

目を覚まして!

 

鈍色 ああ にびいろ

首筋からひらかれる

あなたに恋しがるため育ってきました

ひとりは さみしいよ

いらないの もう けずってよ

おねがい もっと いたくしよう

わたし せかいで いちばんしあわせ

 

 

何時までも終わらない

これはお話じゃないもの