その羨望は呪いか。

寒くなってきたので、ぴったりの話をしましょう。

ちょっと怖い話かもしれない。

そして安定の自分語りです。許してね、ブログだもの。

 

 

 

自覚したのは大人になってからなんだけど・・・

昔から同性のお友達に執着することがよくあった・・・

 

幼稚園〜小学生の頃、仲良くなりたい女の子ができるとすぐ独り占めをしようとした。

それは親友とか幼馴染とか肩書きをつくって勝手に相手を縛る行為。

でも相手も人間なので、こっちが気に入ったからといって、向こうも気にいるとは限りません。

最初のうちは私の束縛に付き合ってくれるんだけど、そのうち拒絶されて、喧嘩をするようになる。

ありえないほど心優しい子は、しばらく経つと”普通の”お友達になろうよって言ってくれた。

もう二度と口を聞いてくれない子もいた。そりゃそうだ。

幸い、その執着は持続しなかったから、ストーカーとかにならなくて本当によかった。

 

中学生の頃は、じゃあこっちが言うことを聞けば関係は持続するのかなと思って、なんだか気の強そうな女友達を作ってジャイアンされることにしてみた。もちろんあちらが飽きてくるとか、私が耐えられなくなったりで、関係は持続しなかった。この頃の人間関係が最も希薄だ。

 

高校生の頃は需要を絞ることにして、純粋無垢っぽい女の子を懸命に演じた。そんな風に振る舞う自分は何だか嫌いじゃなかった。すると、それ系が好きらしい女の子が仲良くしてくれた。私も気に入ったので当然独占した。たくさん傷つけてしまった。

もちろん、私のうすら寒い演技に付き合ってくれる人なんて少数派、むしろ稀有で、その時に私に付き合ってくれた人は今でも私を心配してくれる人だ。

 

大学の頃が一番何も考えてなかったかもしれない。というか、できるだけ自然に振舞ってみようとした。でも人付き合いは相変わらず全然だめだった。基本的に自分が一番大事で自分が中心。それ以外の感情を向けようとすると、また”独り占め欲”が出てくるから、やめた。

そんな風にこじらせた私を珍しく思ってくれたり、面白いって言ってくれたり、仲間に入れてくれた人が結構いた。東京は思ったより優しい街だった。

でもだめだった。全然友達なんてできなかった・・・それでも声をかけてくれる人はいた・・・でもだめだった・・・

結局、居場所と思えるほど安らげたのは2次元に生きる男性だった。その男性とはよくお互いに言い合ったものである。まったく顔がタイプじゃないと・・・楽だった。女性に対して持ってしまう、異常な”羨望”を抱くことがない、かつ前述のタイプじゃないが理由で恋愛に発展しないから。二人でいろんな楽しいことをした。カラオケにオタ活に音楽制作に図書交換にヴァンガードファイト。私の人生で唯一付き合いの長い友達だ。

その人にはたくさんの友達がいて、私もその一人だ。それも全く苦じゃなかった。男友達ばんざいありがとう。女の子の友達だと、私より仲良い子がいると嫌な気持ちになった。そんな自分も嫌だった。仕方のない衝動なんです生まれてきてごめんなさい。

 

で、ここまでが前置きなんだけど・・・

 

つまりわたし、気に入った同性に対して強い憧れをもつ・・・羨ましい・・・その人になりたい・・・なれないならば独り占めしたい・・・みたいな感情が沸き起こってしまうのですね。

※※※恋愛対象は男性

 

 

もう数年前になるのですが、一緒に仕事をした女優さんがいて、私はその人にとても憧れた。

華奢で、地球上でその人にしか持てないような可愛さを持っていて、自由で、おかしくて、美意識も高くておしゃれで、華やかで、そして、演技がとても上手。演技力ってこういうことなんだな〜と思えた人。そして人気も実績もある。とにかくずっと目で追っていた(怖)

もちろん全然立場が違うので気軽な友達になんてなれないのですが、

縁あって、仕事の時、一週間に一度は必ず話す、みたいな状況になって・・・でも嫌われたくないから余計なことはなにも話しませんでした。

その仕事にも終わりのときがやってきました。その打ち上げの時、少し話せる機会があった。みんなで立ち上がって、いろんな人たちとグラスを合わせつつ回るあれだ。

そのときついに言ってしまった。

「うまれかわったら○○さんになりたいくらい憧れています」と。

どうしよう冷静に振り返ると気持ち悪いな。

そのときプラスティックトゥリーさまの真っ赤な糸を気に入ってずっと聞いてたせいだと言い訳をさせてくれ。

 

さて、私は○○さんに感謝をしても仕切れない。

このあとの彼女の一言が私を大きく変えてくれたのだから。

 

「私になんてならないほうがいいよ」

 

女優であるその人の、深みとか凄みとかのせいなのか、それとも本心なのか、わからないんだけど・・・

その言葉は私を仰け反らせるほど冷たく届いた。

○○さんは柔らかく笑っていた。照れるように下を向く仕草と、なめらかな語尾。

それなのにどうしてこんなに鋭く響くのだ。

目の前のこの人は、どこをどうみたって羨ましい要素しかないのに、一体どんな業を背負っていたらこんな重々しい雰囲気が出せるのか・・・

 

と、勝手に衝撃を受けた私は、なんとなく、

「こちらが勝手に羨ましく思っていても、その人はそれ相応の対価を支払ってその立場にいるのかもしれない」

「幸せの裏にあるもの、笑顔の裏にあるもの」

「この世の真の平等、因果律とよばれるもの」

についてぐるぐる考えていた。

 

この打ち上げのあと私は不思議と、同性に執着するということがなくなったように思える。

今はなんというか仕事の都合上というか・・・全く外に出ないので、あまり人付き合いをしなくなったというのもあるけど・・・でも、SNS上とかでも、むやみに羨ましがることがなくなった。

※ただし強烈に羨ましがった記憶は子供の頃からきちんとこびりついているのでそれを元に制作することはよくあります。

 

思えば羨望とは呪いなのかもしれない。

「羨ましいです」

って

「そこを代わってもらえないでしょうか」

って聞こえるんだとしたら・・・やっぱり○○さんはすごいや。

「私になんてならないほうがいい」って

呪いを跳ね返したんだから。

 

ほんとうに、跳ね返してくれてよかった。よかった・・・

 

この世の中の女の子たちに迷惑をかけないよう、私はもうしばらく孤独の中に生きようと思います。